スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Handworks Blanket
 
[スポンサー広告
里山のそよご染め
昨日に引き続きそよごの染液の煮出し中。
部屋中に洋梨のような、王林りんごのような
ちょっとくせのある甘酸っ(ぱい香りがします。
冬青(そよご)の染液をぐつぐつと煮出している香りです。

なんだかアロマオイルを焚いているよう。
それもそのはず、冬青(そよご)は精油の材料、
冬青油(ウインターグリーン)と言うそうです。

ちょうど寒くなるころからシーズンになるそよごの染め。
そよごの精油成分を吸い込んで風邪引き知らずになれそう。
自然の摂理ってすごいなあ。

きのうの一回目の抽出液を
一晩置いて酸化させたもので染めてみました。
2年前に滋賀県畜産センターで毛刈りした羊毛です。
緑の葉っぱで赤く染まるのは感動です。

soyogo2_convert_20161215194241.jpg


スポンサーサイト
Posted by Handworks Blanket
 
[染めの仕事(2016~)
里山のそよご染め
上高野の里山から
赤い愛らしい実をたくさんつけた
冬青(そよご)を収穫してきました。

冬青、冬に青とかいてそよごと読みます。
なんだかとってもロマンチックな言葉ですが、
染めた色は青ではありません。

冬らしいこっくりとしたレンガ色や優しいピンク、赤味の茶色など
みどりのつやつやした葉っぱからは
想像のつかない色が染まります。

そよご染めは奥が深い染めだと思います。
5日ほどかけて毎日毎日葉っぱを煮出して何煎も染液をとり、
そのあと10日ほど発酵。
ようやくそれから染めていきます。

あの赤い色にたどりつくまで
なんとも忍耐のいること。。。
煮出している間や発酵させている間は
自分のカンと染液の色の変化とにらめっこです。


soyogo_convert_20161115201422.jpg
Posted by Handworks Blanket
 
[染めの仕事(2016~)
はたごしらえ
こつこつと地道な仕事が続きます。

たて糸を必要な分の本数を揃えた後は、
ようやくはた織り機に場所を移しての作業となります。

糸を一本一本間違わないように、、、
急がば回れ、確実に。
特に、ウールの糸は優しくストレスを与えないようにと
ていねいに通していきます。

手前に見えている竹の棒は、綾を取っている綾竹。
この後、後ろに糸を巻いていく前に
この綾も、後ろに移動させます。
綾返しという作業で、
まるではたおり機の上でやるあやとりのような感じです。

はたの周囲をこまねずみのように行ったり来たり、
ここから、織り出しまでは一気に進めるのがポイント。
最初のよこ糸を入れるまでは、気が抜けません。

201604040841490b6.jpg



Posted by Handworks Blanket
 
[ひつじ仕事(2016~)
綿繰り機を使って綿の種取り
3月19日、今週末土曜日の京都オーガニックマーケット@新風館パタゴニアに
綿の糸紡ぎのワークショップで出店予定です。

イベントでのワークショップなので、
いつものアトリエでの糸紡ぎWS(いつもはみっちり濃厚ですよ〜)と違って
通りかかりの方でも、ちょっとやってみようかなと
興味を持ってもらえるようにと準備しています。

道具レンタル、材料費込みで30分1000円。
すぐに紡いでいただけるようにと、事前に種取りをしています。

この木製の道具は、綿の実から種を取るもので、
ハンドルをくるくる回せば、綿の種がつるりとはがれます。
ほんとうに単純な道具で、やらせて、やらせてと小さい子供さんに大人気。
もちろん大人がやってもついついいつまでもやってしまうという
ちょっとクセになる作業です。

当日は、この種を無料プレゼントする予定です。
5月になったらすぐにプランターや畑にまけますよ。
数に限りがありますので、欲しい方はお早めにお越しくださいね。
お待ちしております。

20160316172339913.jpg
Posted by Handworks Blanket
 
[綿しごと(2016~)
今はもう手に入らない竹筬
筬(オサ)という機織り機で糸が通っていて、
トントンと動かすところの部品。
今は、ステンレス製しか作られていませんが、
昔は、職人さんが竹で作っていました。
大変な手間と技がいるもので、今はもうまぼろしの道具です。

西陣では幅50センチが主流で、
この幅76センチはほんとうに貴重なものらしいです。
和紙を張った端っこの方に、
赤い色で西陣、黒い墨で稲垣機料(株)とかいてあります。

この筬に、整経したタテ糸を1センチに8本の密度で通していきます。
綾をとってあるので、糸は正しく整列しています。
竹で出来た筬は、糸にとてもやさしい。。。
大切に使い続けていきたいと思います。


201603131852127be.jpg

Posted by Handworks Blanket
 
[ひつじ仕事(2016~)
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。